引用元: 【自己啓発】浅見帆帆子さんの本【精神世界】
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/books/1334794363/


285: 無名草子さん 投稿日:2014/06/30(月) 17:30:43.97
【W杯】多すぎる日本代表選手や監督の「自己啓発本」 ネットで「総タレント化」、「作家に転向しろ」と皮肉が

代表メンバー23人のうち、「著者」として本を出しているのは11人。
遠藤保仁『自然体~自分のサッカーを貫けば、道は開ける』
『明日やろうはバカヤロー』、『信頼する力 ジャパン躍進の真実と課題』
『眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意』
『サッカーってやつは…。』『観察眼』
長谷部誠『心を整える。勝利をたぐり寄せるための56の習慣』『心を整える。』
川島永嗣『準備する力 夢を実現する逆算のマネジメント』『本当に「英語を話したい」キミへ』
今野選手『道を拓く力―自分をマネジメントするイメージとは』
長友佑都『上昇思考 幸せを感じるために大切なこと』 『日本男児』『長友佑都体幹トレーニング20』
内田篤人『僕は自分が見たことしか信じない』
吉田麻也『増刊!マヤニスタ』『旅するサッカー』『サムライDays、欧州Days』
中村憲剛『考える習慣』
槙野智章『守りたいから前へ、前へ』
大久保選手『情熱を貫く 亡き父との、不屈のサッカー人生』
岡崎選手『鈍足バンザイ! 僕は足が遅かったからこそ、今がある。』
清武選手『明日への足音』『だから僕は、前に進める。』
ザッケローニ監督『ザッケローニの哲学』

281: 無名草子さん 投稿日:2014/06/28(土) 13:48:11.21 ID:OC3k/+c/0
本田が信奉する『引き寄せの法則』
これは夢を信じる心によって“大宇宙のパワー”を味方につけ望む未来を“引き寄せる”という
宗教一歩手前ギリギリの、自分を教祖にするタイプの自己啓発
実践方法はとても簡単でお布施もいらないクリーンなもの
まず、ものすごく大きな目標を設定して、それは叶う、叶って当然、むしろすでに叶っている、など
脳内でイメトレを繰り返し“成功者のイメージ”を自分に植え付ける
それを人前で公言したりノートに書き起こし形に残す
ここで少しでも疑いを持ってしまうと大宇宙は答えてくれない、夢が叶わなかった場合は信心が足りないとされる

本田のW杯優勝を目指す一連の言動は典型例
引き寄せの修行では現実的な目標の更にずっと上に目標を設定するように指導される
例えば本当の目標がベスト8進出でも「優勝」を引き寄せられれば「ベスト8」も自動的にクリアできる

これはスポーツ選手やベンチャー企業の社長なんかがよくハマってる自己啓発なんだけど
小学生本田の作文「世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。」とかお手本みたいな内容なんだよね
大きな夢をもって叶うと確信するってのがね
もちろん当時はそんなこと考えずに書いたんだろうけど、なまじミランで10番もらって夢が叶ってしまったがために
もともと信者だった長友と共に加速してしまったのだと